日本生物学的精神医学会誌
Online ISSN : 2186-6465
Print ISSN : 2186-6619
ASDリスク遺伝子産物ミオシンIdの樹状突起スパイン局在機構
佐々木 哲也武井 陽介
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2020 年 31 巻 2 号 p. 93-97

詳細
抄録

ミオシンはアクチンと結合する分子モーターである。ミオシンIdは自閉スペクトラム症のリスク遺伝子であり,神経細胞での局在や機能は不明である。培養神経細胞にEGFP融合ミオシンIdを発現させたところ,樹状突起スパインに集積が認められ,この局在にはTH1ドメインが重要であることが判明した。本研究結果は,自閉スペクトラム症発現・病態における本分子の役割を理解する最初の手がかりを与えると考えられる。

著者関連情報
© 2020 日本生物学的精神医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top