土木学会論文集A2(応用力学)
Online ISSN : 2185-4661
ISSN-L : 2185-4661
応用力学論文集Vol.20(特集)
3次元粒子-流体連成計算モデルによる土中の水みち拡大過程のシミュレーション
岡田 紘明福元 豊藤澤 和謙村上 章
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 73 巻 2 号 p. I_429-I_438

詳細
抄録

内部侵食は観測が困難である土中で進行するため,問題の解決には数値計算が有用な手法となる.本研究では浸透流による水みちの拡大過程に焦点を当て,浸透流と土粒子の両方をLattice Boltzmann MethodとDiscrete Element Methodを連成させて直接解いた.粒子間の固着モデルを導入することで,粘性土の粘着特性を表現し,土粒子間の固着力を表すパラメータと土試料に作用する両端の圧力差を変えながら,繰り返しの検討を行った.その結果,土粒子間の固着力に大きさに応じて,土粒子集合体としての侵食に対する抵抗力の大きさが変化することを表すことができ,従来の2次元での応用例より再現性が高まることが確認できた.

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top