土木学会論文集A2(応用力学)
Online ISSN : 2185-4661
ISSN-L : 2185-4661
応用力学論文集Vol.20(特集)
個別要素法を用いた落石解析における斜面物性の空間分布の影響
上原 直秀橘 一光菅野 蓮華森口 周二寺田 賢二郎高瀬 慎介大竹 雄
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 73 巻 2 号 p. I_507-I_516

詳細
抄録

本研究は,落石解析における斜面の特性に着目し,解析パラメータ(バネ定数,反発係数,摩擦角)の変動やばらつきおよびその空間分布特性が落石解析の結果に与える影響について調べた.斜面物性値の不確実性が解析結果に与える影響の定量化については,十分な試行回数の下で,初期条件を変化させて得られる落石の最終到達位置の確率密度分布をもとに算出し,混合ガウスモデルを用いて,基準ケースとその他のケースの差を数値化することで達成している.その結果,斜面の空間的なばらつきは大きな意味を持たず,特に摩擦角と反発係数の平均値を精度よく求めることが重要であることが明らかとなった.ただし,この結論は,本研究で実施した解析ケースの範囲内に限定するという条件付きであり,今後さらなる検証が必要である.

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top