土木学会論文集A2(応用力学)
Online ISSN : 2185-4661
特集『土木工学分野における流体力学研究のパースペクティブ』
粗面上に発生する跳水を含む段落ち部下流の流れの水深積分モデルによる解析法
内田 龍彦
著者情報
ジャーナル 認証あり

2018 年 74 巻 1 号 p. 17-26

詳細
抄録

 河川構造物の設計,維持管理において,下流水深によって跳水形態が変化する段落ち部下流の流れを明らかにすることは重要である.本研究では,比較的大きな粗面が段落ち部下流に存在する場合を対象として,実用性の高い水深積分モデルによる解析法を開発する.解析には,非平衡粗面抵抗則を導入した非静水圧水深積分モデルであるGBVC4-DWL法を応用する.段落ち部背後の仮想河床と砕波モデルを導入することで,本解析法は実験で観察された段落ち部下流の様々な流れ場の形態を説明できることを示した.次に,本解析法を構成する種々の方程式や項の役割を明らかにするために,一次元解析法と本解析法を含む4つの解析法を比較し,段落ち部下流の流れの解析における,渦度による流速分布の変形や圧力の非静水圧分布の役割等を考察した.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top