土木学会論文集F4(建設マネジメント)
Online ISSN : 2185-6605
ISSN-L : 2185-6605
和文論文
SVMを用いた土木設備の補修必要度評価
幸 和範小林 央宜大石 博之杉本 博之飯田 毅古川 浩平
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 68 巻 2 号 p. 52-61

詳細
抄録

 本研究は,橋梁の伸縮継手の点検・補修データをサポートベクターマシンで分析することにより,設備の補修必要度の設定を試みたものである.サポートベクターマシンは,斜面の災害発生度の評価に利用した研究例がある方法であるが,土木設備の補修必要度評価に適用するためには学習データに含まれているノイズの効果的な除去について検討する必要があった.そこで,本研究では過去の補修実績から確度の高いデータを抽出し,ノイズデータを客観的に排除した上で,補修必要度の設定を行う手法を開発した.設定した補修必要度は,専門技術者の判定と非常に高い整合性を有していることから,土木設備の維持管理計画のためのツールとして有効であることが示された.

著者関連情報
© 2012 公益社団法人 土木学会
次の記事
feedback
Top