土木学会論文集F4(建設マネジメント)
Online ISSN : 2185-6605
和文報告
高速道路の構造物における大規模更新および大規模修繕の導入と課題
松坂 敏博森山 陽一小笹 浩司太田 秀樹藤野 陽三宮川 豊章西村 和夫
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 73 巻 1 号 p. 1-18

詳細
抄録

 我が国の社会や経済活動を支える重要な社会インフラとなっている高速道路は,名神高速道路の開通から既に50年以上が経過したように,経過年数の長いものが増えてきている.高速道路の構造物は,過酷な使用状況に曝されており,長期的に健全な状態で機能させることが重要な課題となっている.本稿では,東,中,西日本高速道路会社3社が管理している高速道路の構造物の2011年度末時点での健全度データと点検調査データなどを用い,さまざまな角度から変状の要因を分析するとともに,これらのデータを用いて経年劣化の見通しを予測した.そのうえで,高速道路を長期的に健全な状態で機能させるために必要な,これらの構造物の大規模な更新や修繕の計画と課題について示した.

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 土木学会
前の記事
feedback
Top