土木学会論文集D
Online ISSN : 1880-6058
ISSN-L : 1880-6058
和文論文
需要・供給・認知の確率変動を反映した利用者均衡配分
内田 賢悦
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 65 巻 3 号 p. 386-398

詳細
抄録

 本研究では,OD交通量,リンク交通容量,および移動時間に関する認知における確率変動を反映した利用者均衡配分を提案する.認知の確率変動を反映する場合は,確率的利用者均衡配分,反映しない場合は,確定的利用者均衡として定式化する.また,経路選択基準としては,経路移動時間の平均を用いる場合,さらに,標準偏差も用いる場合の2つの定式化が可能である.確定的利用者均衡配分において,経路移動時間の標準偏差を経路選択行動に反映させる場合,経路の評価値がリンク評価値の和として表現されないため,非線形相補性問題として定式化している.最後に,テストネットワークを対象とした数値実験を行い,提案した利用者均衡配分モデルによる解の特性を調べた結果を示す.

著者関連情報
© 2009 社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top