土木学会論文集G(環境)
Online ISSN : 2185-6648
ISSN-L : 2185-6648
地球環境研究論文集 第22巻
気候変動下の洪水と高潮の複合災害リスク推定
三澤 公希風間 聡鈴木 武有働 恵子手塚 翔也
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 70 巻 5 号 p. I_95-I_100

詳細
抄録

 洪水氾濫と高潮の水災害に注目し,複合水災害の被害を定量的に地図情報の形により示した.気候変動の影響を考慮し,現在気候,2050年気候,2100年気候の被害額を算出した.高潮と洪水氾濫は同地点で生起する可能性があるため,同年生起被害額と同日生起被害額を算出した.同日生起確率を気圧と降水量,潮位偏差の関係性をもとに算出した.気圧の再現確率における降水量と潮位偏差を二次元不定流モデルに代入し,同日生起被害額を算出した.同日生起被害額と同年生起被害額を比較し,被害額の大きい方を被害額算出手法として採用した.三種類の全球気候モデル(GCM)出力値を入力し,被害額を推定した.現在気候における複合被害額は7800億円となり,水害統計被害額の約1.4倍となった.2050年,2100年頃の4災害による複合災害年期待被害額は,気候シナリオによって1.1兆円から1.2兆円,1.2兆円から1.4兆円となった.

著者関連情報
© 2014 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top