土木学会論文集G(環境)
Online ISSN : 2185-6648
最新号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
和文論文
  • 山崎 創史, 橋本 崇史, 小熊 久美子, 滝沢 智
    2019 年 75 巻 1 号 p. 1-12
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/01/20
    ジャーナル 認証あり
     開発途上国でのpoint-of-use型浄水装置への応用を想定し,重力式膜ろ過における膜透過流束のファウリング層形成への影響を実験的に評価した.ポリエーテルスルホン(PES)及びポリアクリロニトリル(PAN)製限外ろ過膜を用い,河川水の定圧ろ過を行ったところ,膜透過流束が大きいPES膜では,PAN膜に比べてろ過抵抗の増加率は約1/3と小さかった.膜閉塞モデルを適用したところ,PES膜ではケーキ層抵抗が卓越していたが,PAN膜では卓越した抵抗が得られずモデル適用の限界があった.
     共焦点レーザー顕微鏡によるファウリング層の解析から,PES膜では,PAN膜に比べて比表面積と空隙率が大きいファウリング層が形成されており,ファウリング層構造の違いがファウリング抵抗に大きく影響することが示された.
  • 陳 鶴, 松橋 啓介
    2019 年 75 巻 1 号 p. 13-19
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/01/20
    ジャーナル 認証あり
     環境配慮行動の実施には,心理的要因が大きな影響を与えている.既存の研究では,環境への態度に着目しているが,より広く個人・社会・経済などを含めた態度の影響は分析されていない.そこで,本研究では,環境に負荷が少ないライフスタイルを想定し,持続可能な発展に関する価値観との関連性を明らかにすることを目的とする.価値観の指標は,「より良い暮らし指標(BLI)」を使用した.その結果,持続可能な発展に関する価値観に応じて,取り組みやすい見直しが異なることを明らかにした.環境面を重視する人は,価格差が小さくても,さまざまな見直し行動を取りやすいこと,価格差が大きい場合は経済面を重視する人が節約に取り組みやすいこと,社会面を重視する人や住居を重視する人は太陽光発電設備の導入に積極的な傾向があることを示した.
  • 京井 尋佑, 田中 勝也
    2019 年 75 巻 1 号 p. 20-29
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/01/20
    ジャーナル 認証あり
     本研究の目的は,環境直接支払における農家の採択行動に影響する要因を明らかにすることである.集落レベルでの採択行動には空間的な集積が認められるが,既存研究では十分に考慮されていない.本研究では空間プロビットモデルにより空間的自己相関を明示的に考慮した分析をおこなった.分析により,環境直接支払の対象である5種類の取組(IPM,緩効性肥料,有機農業,カバークロップ,炭の投入)のいずれにも正の空間的自己相関が示された.また,集落の環境条件と内部条件も採択行動に影響する要因として示された.結果より,環境直接支払のターゲティング,農業者間の情報交換の場の創成,農地集積促進による大規模農家率上昇の3点の重要性が示唆された.環境直接支払の更なる普及のため,より柔軟な支払体系や支援体制の構築が必要といえる.
和文報告
  • 浅利 裕伸, 洲鎌 有里
    2019 年 75 巻 1 号 p. 30-33
    発行日: 2019年
    公開日: 2019/02/20
    ジャーナル 認証あり
     帯広広尾自動車道建設による野生動物の生息地分断化を解消するため,野生動物用オーバーパスが設置された.この効果を検証するため,自動撮影カメラを用いて2017年5月~11月に利用種のモニタリングを実施した.野生動物用オーバーパス周辺の森林に生息する種とオーバーパスの利用種に大きな違いはなく,撮影頻度も有意に異ならなかったことから,周辺に生息する哺乳類が構造物を十分に認識および利用していることが明らかになった.また,ニホンジカとアカギツネでは継続的に多数の利用がみられた.特にニホンジカでは,定着個体による利用のほか,季節移動による利用もみられた.これらのことから,帯広広尾自動車道の野生動物用オーバーパスは,中大型哺乳類にとっては有効に機能していると考えられた.
feedback
Top