土木学会論文集G(環境)
Online ISSN : 2185-6648
ISSN-L : 2185-6648
地球環境研究論文集 第25巻
1km解像度陸面モデルによる河川流量の検証
藪 優太郎芳村 圭Hyungjun KIM新田 友子鳩野 美佐子石塚 悠太向田 清峻可知 美佐子沖 大幹
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 73 巻 5 号 p. I_71-I_79

詳細
抄録

 高精度な河川流量予測システムの構築を目指して日本域における1km解像度陸面モデルを構築し,水平空間解像度および土壌分類データの変更が河川流量の表現にどの程度影響を与えるか検証した.検証期間は2014,2015年の2年間とし,検証対象領域は国内6河川を選定した.構築した陸面モデルは陸面物理過程モデルMATSIROと動的河道モデルCaMa-Floodの2つからなる.陸面物理過程モデルに与える土壌分類をより詳細なソースデータから作成することで河川のピーク流量および低水流量の表現がより観測値に近づき2期間・6領域における12の実験のうち9実験にて対観測流量比率が1-14%向上し,かつRMSEはすべての実験で減少した.また,モデル水平空間解像度の向上により12実験中10の実験でRMSEの減少が確認された.

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top