土木学会論文集G(環境)
Online ISSN : 2185-6648
ISSN-L : 2185-6648
和文報告
臭気連続観測システムによる都市河川臭気発生実態の調査
加藤 伸悟足立 忠行林田 健志大木 亨祐山﨑 徹
著者情報
ジャーナル 認証あり

2020 年 76 巻 1 号 p. 9-17

詳細
抄録

 都市河川における臭気発生実態の把握と有効な対策検討のためには,臭気の発生をタイミングよく捉え,発生要因と発生頻度を結び付ける必要がある.本調査では,それらに対する臭気連続観測の有用性を検証した.連続観測結果から,臭気指数10以上に相当する臭気が検出された時間は1~3時間であり,超過頻度は時期によって異なっていた.また,臭気発生要因と要因ごとの発生頻度を整理した結果,調査対象河川では,臭気指数10以上に相当する臭気が発生した時間数のうち,約半分が水位低下時のヘドロの巻上げや露出により発生する臭気であることがわかった.本調査の結果は,時々刻々と変化する臭気の強さを長期間かつ連続的に観測したことで得られたものであり,臭気発生実態の把握に対する臭気連続観測の有用性を示すことができた.

著者関連情報
© 2020 公益社団法人 土木学会
前の記事
feedback
Top