土木学会論文集C(地圏工学)
Online ISSN : 2185-6516
ISSN-L : 2185-6516
和文論文
濃尾平野西濃地域におけるヒ素の存在形態と地下水への溶出
西澤 貴樹加藤 雅彦北沢 遥佐藤 健
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 68 巻 4 号 p. 670-679

詳細
抄録

 濃尾平野の西濃地域では,南部一帯の第1礫層地下水から自然由来と考えれられるヒ素が環境基準を超えて検出される.この原因の調査のため,第1礫層まで掘削されたボーリング試料を用いて,堆積層のヒ素量及びヒ素の化学形態の分析を行った.さらに溶出メカニズムの解明のため,酸化還元電位及びpHを変化させた抽出試験を行った.
 その結果,第1礫層に接する濃尾層においてヒ素溶出量及び鉄マンガン酸化物態のヒ素が多かったこと,全鉄,全炭素及び全ヒ素量に相関がみられたことから,濃尾層の鉄酸化物等に含まれるヒ素が第1礫層のヒ素の主な起源であると考えられた.
 また,平野北西部に比べて南西部の第1礫層地下水の酸化還元電位が低いこと及びpHが高いことに加え,濃尾層から溶出した溶存有機物もヒ素溶出を促進する要因であると考えられた.

著者関連情報
© 2012 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top