土木学会論文集C(地圏工学)
Online ISSN : 2185-6516
ISSN-L : 2185-6516
和文報告
二重管削孔を用いた高性能小口径杭工法の出来形・品質特性および鉛直支持力特性
粕谷 悠紀稲川 雄宣高橋 真一山本 彰古関 潤一
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 73 巻 3 号 p. 248-265

詳細
抄録

 狭隘地や空頭制限下でも施工可能かつ経済性に優れた高性能小口径杭工法を開発した.本工法は,ボーリングマシンを用いて二重管削孔し,鋼管を建込んだ後にグラウトを充填することで地盤中に鋼管を定着させる小口径合成鋼管杭工法である.
 本報告では,開発技術の性能を確認するために実施した鋼管とグラウトの付着強度試験,小規模試験施工,押込み載荷試験,引抜き載荷試験および試験杭の試掘調査について述べる.その結果,以下のことを確認した.1) グラウトの一軸圧縮強度から鋼管とグラウトの最大付着応力度を安全側に算定できる.2) 杭先端部に所定の長さ,強度を有する改良体を造成できる.3) 鋼管外周のかぶりは20mm以上確保できる.4)道路橋示方書IVの場所打ち杭の設計法に基づくと安全側に支持力を推定できる.

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top