土木学会論文集C(地圏工学)
Online ISSN : 2185-6516
ISSN-L : 2185-6516
和文論文
軟弱粘性土地盤上の腹付け盛土施工に対する安定性の高い対策工の検討
渡邉 健治工藤 敦弘小島 謙一森川 嘉之高橋 英紀島田 貴文佐藤 武斗
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 74 巻 4 号 p. 408-423

詳細
抄録

 本研究では,軟弱粘性土地盤上の盛土に腹付け盛土を施工した場合の軟弱粘性土地盤および既設盛土の挙動の評価,さらに偏荷重を受ける軟弱粘性土地盤内で高い安定性を発揮する対策工の検討を行うために系統的な遠心模型実験を実施した.実験の結果,腹付け盛土の施工により,既設盛土のり尻付近で鉛直・水平方向に大きな変形が生じ,それに伴い腹付け盛土前面地盤の隆起および既設盛土の連れ込み沈下が確認された.これらの変状に対して柱状改良を施工した場合,水平方向の変形に抵抗する効果が限定的であることが分かったため,改良体の水平支持性能を高めるために壁式改良とセメント改良礫土スラブを併用した対策工を提案した.その結果,柱状改良と比較して低い改良率でも,盛土体および改良体前面地盤の変形量が小さくなることを確認した.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top