土木学会論文集C(地圏工学)
Online ISSN : 2185-6516
ISSN-L : 2185-6516
和文論文
切土のり面の継続的な弾性波探査の計測データに基づく長期安定性の評価
藤原 優永田 政司佐藤 尚弘滝口 潤
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 74 巻 4 号 p. 424-438

詳細
抄録

 切土のり面は,顕著な崩壊性要因が認められない場合においても,供用してから風化などの要因により経年的に安定性が低下していくことが考えられる.これに対して,のり面勾配や岩種などの違いが切土のり面の長期安定性に与える影響を考慮した上で緩勾配化や法面保護工などの対策を適宜実施できれば,維持管理の負担軽減につなげることができる.高速道路では,全国で96箇所の切土のり面を選定し,建設段階からのり面観察や弾性波探査などの調査を継続的に実施している.本論文は,このうち約40年間の計測データを蓄積した東北自動車道の16箇所を対象として,のり面勾配や岩種などの違いが切土のり面の長期安定性に与える影響を評価した.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top