土木学会論文集B1(水工学)
Online ISSN : 2185-467X
和文論文
水面からの光の乱反射による人の視覚系への影響を考慮した水辺空間デザインの考察
後藤 浩依田 光正城内 博竹澤 三雄
著者情報
ジャーナル 認証あり

2018 年 74 巻 2 号 p. 11-22

詳細
抄録

 水辺空間は,良好な景観や憩いの空間を形成するためのツールとして都市空間に存在しているが,その一方で,水面などからの反射光に弱い者が存在する.子どもでは,点滅閃光に弱い障がいを有する者がおり,高齢者では,強い光によるグレアに弱い者がいる.このような光に対する弱者への水面反射光に対する医学的対応としては「親水空間へ近づかないように」との指導がなされているのみで,現状,根本的な解決策はなく,工学的技術による助力が必要な状況である.本研究では,室内水理実験を実施することによって,反射光の特性をコントロールする基礎的な知見を得るとともに,現在,都市空間内に存在する水を利用した親水空間形成のための構造物の設置状況を調査し,その影響について検証した.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 土木学会
次の記事
feedback
Top