土木学会論文集D3(土木計画学)
Online ISSN : 2185-6540
和文論文
社会基盤テロリスクと情報開示
吉田 護小林 潔司
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 67 巻 4 号 p. 510-527

詳細
抄録

 本研究では,重要インフラに対するテロ攻撃を抑止するためのテロ防御策とその実施に関する情報開示戦略について主観的ゲーム理論を用いて分析する.政府にとってテロリストは「見えない相手」であり,政府のテロ防御策に関する意思決定は,テロリストの存在に関する信念に依存する.また,必ずしも政府とテロリストが共通のゲームを解いて戦略を決定しているとは限らない.このような観点から,本研究では,政府とテロリストの戦略が,各自の主観的ゲームの均衡解として導出されるような状況を定式化する.さらに,政府による警戒水準に関する情報開示策とテロ防御策の実施状況に関する情報開示策では,テロ防御策の実施状況に関する情報開示策を検討する場合の方が,政府の主観的な期待利得が高くなることを示す.

著者関連情報
© 2011 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top