J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

土木学会論文集D3(土木計画学)
Vol. 68 (2012) No. 4 p. 255-271

記事言語:

http://doi.org/10.2208/jscejipm.68.255

和文論文

 社会基盤施設の劣化過程においては,施設の構造特性や使用・環境条件の違いにより劣化速度に多大な異質性が存在する.個々の施設に特有な異質性がもたらす劣化速度の過分散の問題を克服するために,施設グループ間の劣化速度の異質性を明示的に考慮した混合マルコフ劣化ハザードモデルが提案されている.本研究では,劣化速度の過分散が,施設グループ間における劣化速度の異質性と,グループを構成する個々の施設間における異質性というレベルの異なるつの異質性が複合された結果により発生すると考える.その上で,階層的異質性を導入した混合マルコフ劣化ハザードモデルを定式化し,その階層ベイズ推計法を提案する.最後に,橋梁床版に対する目視点検データを用いた実証分析を通して,本研究で提案する手法の妥当性を検討する.

Copyright © 2012 公益社団法人 土木学会

記事ツール

この記事を共有