土木学会論文集D3(土木計画学)
Online ISSN : 2185-6540
ISSN-L : 2185-6540
和文論文
走行車両から撮影した画像を用いた道路区画線診断方法の開発
浅田 拓海亀山 修一
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 68 巻 4 号 p. 358-368

詳細
抄録

 本研究では,走行車両から撮影した画像から求まる道路区画線の剥離率DSRを用いて区画線の塗り直しを診断する方法を開発した.札幌市内の国道で撮影した画像を用いて区画線の外観評価試験を実施し,DSRと被験者の外観評価の関係,および被験者が塗り直しを必要と判断するDSR(塗直基準)を明らかにした.また,区画線を外観と夜間視認性の両面から診断するための指標RMCIを考案し,DSRからRMCIを推定する方法を示すとともに,この方法を適用することで塗直区間を大きく低減できることを明らかにした.RMCIでは外観と夜間視認性の比重を調整できるため,道路管理者は,当該路線の夜間交通量や道路照明など,路線の道路・交通特性に応じて維持管理水準を設定することが可能である.

著者関連情報
© 2012 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top