J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

土木学会論文集D3(土木計画学)
Vol. 70 (2014) No. 5 p. I_501-I_508

記事言語:

http://doi.org/10.2208/jscejipm.70.I_501

土木計画学研究・論文集 第31巻(特集)

近距離無線規格であるBluetoothの普及を背景とし,諸外国ではBluetoothのMACアドレス(個体識別ID)を路側で把握することで旅行時間計測やOD計測など交通調査に活用する試みがなされている.わが国でもBluetoothを搭載した電子機器や通信機器が市場に出回るようになっていることから,受信機を設置した任意地点間の旅行時間が計測可能と考えられる.
本研究では,BluetoothのMACアドレスを計測・記録して旅行時間計測を行うための調査システムについて検討するとともに,実環境で容易に利用可能な計測ツールの開発を行った.さらに,一般道路や都市高速道路を対象として旅行時間を観測したケーススタディを通じて,Bluetoothを用いた旅行時間計測に関する基礎的な分析を行い,現段階でも旅行時間調査に適用可能なシステムであることが確認できた.

Copyright © 2014 公益社団法人 土木学会

記事ツール

この記事を共有