土木学会論文集D3(土木計画学)
Online ISSN : 2185-6540
ISSN-L : 2185-6540
土木計画学研究・論文集 第33巻(特集)
追越挙動に基づく車道部自転車通行空間の安全感評価モデルの開発
原澤 拓也山中 英生西本 拓弥
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 72 巻 5 号 p. I_845-I_852

詳細
抄録

安全で快適な自転車利用環境の創出に向けたガイドラインは,自転車専用通行帯や,車道混在による通行空間を中心として,ネットワークを形成する方針を示している.一方,多くの自転車利用者は,車道部を通行することに不安を感じているのが現実と思われる.車道部自転車通行空間の普及には“安全感”を確保するための交通条件や街路要素を明らかにすることが肝要と言える.本研究では,自転車が自動車に追い越される現象に着目して,追い越され時の安全感評価モデルを開発することで,追い越した自動車の速度,自転車との離隔幅,車種といった特性に加えて,自転車専用通行帯,カラー舗装,矢羽根,ピクトグラムなどの車道での通行空間表示が安全感に与える影響を定量的に明らかにした .

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top