土木学会論文集D3(土木計画学)
Online ISSN : 2185-6540
ISSN-L : 2185-6540
土木計画学研究・論文集 第34巻(特集)
子連れ歩行者の交通事故と路上犯罪に対する安心・不安意識に関する研究~福岡市天神地区を対象として~
吉城 秀治辰巳 浩堤 香代子崎原 大原田 陽平
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 73 巻 5 号 p. I_747-I_759

詳細
抄録

少子化対策の一つとして,子連れでも安全に安心して外出できる都市環境,交通環境を整備していく必要がある.従来からのバリアフリー新法等を受けた整備が進められてきたことで身体的な負担が軽減した移動環境が創出されつつあり,その次なる段階としては心理的負担(心理的ストレス)を解消していくことが重要となってくるであろう.本研究はラザラスの代理ストレスモデルを援用し,歩行中の子連れの不安意識を改善していくため,さらには心理的ストレスを軽減していく上での第一のプロセスとして,子連れ歩行者の交通事故・路上犯罪への不安意識と道路空間特性の関係を分析した.その結果,子連れ歩行者の不安意識を改善し安心意識を高める上では,自転車交通への対策や歩道では2m以上の有効幅員が必要となってくること等が明らかになっている.

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top