土木学会論文集D3(土木計画学)
Online ISSN : 2185-6540
和文論文
外国資本に依存した途上国の産業構造に交通インフラ整備が及ぼす影響
瀬木 俊輔小林 潔司松島 格也小林 優輔
著者情報
ジャーナル 認証あり

2018 年 74 巻 4 号 p. 320-333

詳細
抄録

 本研究は,主要な輸出財を生産する企業が外国資本に所有されている途上国を対象とした一般均衡モデルを定式化し,交通インフラの整備が途上国の産業構造に与える影響を分析する.モデルの定式化に当たっては,外国資本に所有される貿易財部門と国内資本に所有される非貿易財部門から構成される2部門開放経済を想定する.モデルの分析の結果,このような途上国において,世界市場との貿易費用を下げる交通インフラの整備は,貿易財部門を拡大すると同時に,非貿易財部門の縮小をもたらし,国内資本の企業数や経営者数を減らすことを示す.一方,国内交易の費用を下げる交通インフラの整備は,非貿易財部門の拡大をもたらすことを示す.さらに,この分析結果に基づき,途上国の長期経済発展に関わる政策的含意について考察する.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top