土木学会論文集D3(土木計画学)
Online ISSN : 2185-6540
和文論文
都市内道路とフランチャイズ小売企業の物流センター立地戦略の関係
瀬木 俊輔小林 潔司松島 格也
著者情報
ジャーナル 認証あり

2018 年 74 巻 4 号 p. 369-386

詳細
抄録

 スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどのフランチャイズ小売企業は,都市内や都市近郊に物流センターを配置することにより,チェーン店に対する商品配送の効率化を達成している.本研究では,都市内道路整備による商品の輸送時間短縮が,物流センターの立地を促進することを指摘する.そのために,フランチャイズ小売企業の在庫管理行動をモデル化し,物流センターが有する機能には,個別チェーン店の直面する商品在庫保有リスクを集約する機能と,都市外からの商品仕入れにおけるロットサイズの大型化を達成する機能の二つがあることを明らかにする.そのうえで,都市内道路整備による物流の円滑化が,都市内のチェーン店や物流センターの立地パターンを再編する効果や,消費者の買い物利便性を改善する効果について分析する.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top