土木学会論文集D3(土木計画学)
Online ISSN : 2185-6540
ISSN-L : 2185-6540
土木計画学研究・論文集 第36巻(特集)
同伴活動の実態と特徴に関する研究 ~「社会生活基本調査」を用いた分析~
銭 祺輝TRONCOSO PARADY Giancarlos髙見 淳史原田 昇
著者情報
ジャーナル 認証あり

2019 年 75 巻 5 号 p. I_641-I_650

詳細
抄録

本研究は,同伴活動の既存研究レビューを基にその要因整理を行うとともに,統計調査に基づく全体像の把握が米国の一事例に限定されていることを整理した.次に,日本の統計調査である社会生活基本調査(平成13年調査と平成18年調査)の匿名データを活用し,同伴活動の実態と特徴を分析した.その結果,1) 日本における同伴活動の生成量は米国より少ないが活動時間で見ると平日の約4割,週末の約6割と重要であること,2) 同伴活動の活動時間は単独活動より長く,平日は昼前後と夕方に集中すること,3) レジャ ー活動の場合は非家族同伴の割合が最も高く,週末は家族と一緒に過ごす傾向があること,4) 二時点の変化に関しては,同伴活動は減少する傾向にあり,非家族同伴活動の減少が大きいことなどを明らかにした.

著者関連情報
© 2019 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top