土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
海洋開発論文集 Vol.28
遡上津波と胸壁からの反射波によるコンテナの漂流特性と海上への流出対策工の有効性に関する研究
中村 友昭青山 功治水谷 法美
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 68 巻 2 号 p. I_216-I_221

詳細
抄録

 遡上津波と胸壁からの反射波によるコンテナの流出現象を対象に数値解析を行い,海上へのコンテナの流出機構を考究するとともに海上への流出を防止する流出対策工の有効性を検討した.その結果,岸壁前面の水位,エプロン上の浸水深,コンテナの漂流挙動に関する水理実験結果との比較により解析結果の妥当性を確認した.また,コンテナの岸方向への漂流が止まったときに,コンテナが没水状態にあることで上昇速度が増加し,コンテナ周辺の水面が沖に向かって下がっていることでコンテナの上面が沖に向くように回転し始めることにより海上への流出が生じる可能性を示した.さらに,胸壁の近傍に設置した流出対策工には,コンテナが胸壁の近傍に達してからの沖方向への漂流を遅らせる効果があることから,コンテナの沖への流出が抑えられる可能性を示した.

著者関連情報
© 2012 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top