土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
ISSN-L : 2185-4688
海洋開発論文集 Vol.29
堆積物から推定される琉球諸島における歴史・先史津波について
仲座 栄三入部 綱清徳久 氏琉宮里 直扇稲垣 賢人SAVOU Rusila
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 69 巻 2 号 p. I_515-I_520

詳細
抄録

 東北大震災の後,日本列島各地において,過去数千年間にも遡って大規模津波の発生やその実態を明らかにすることが津波防災上の重要な課題となっている.琉球諸島における大規模津波としては,約240年前に発生したとされる明和津波が有名である.しかし,これまでの古津波に関する研究成果からは,明和津波と同規模かそれ以上の大きさと推定される大津波が過去に数回発生した可能性が高いと推定されている.本研究は,ボーリングや手堀による調査,そして考古学的発掘調査結果などから,過去に発生した大津波の発生年とその実態を明らかにしている.その結果は,これまでの研究成果で過去数回発生したとされる明和津波以前の津波痕跡やその発生可能性を示す事実が見出されないことを示し,明和津波が過去唯一で最大の津波である可能性を示唆している.

著者関連情報
© 2013 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top