土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
海洋開発論文集 Vol.34
リアルタイム波浪観測を用いたケーソン据付時の施工精度向上の可能性について
澁谷 容子佐藤 あかね山野 貴司小竹 康夫中村 友昭
著者情報
ジャーナル 認証あり

2018 年 74 巻 2 号 p. I_623-I_628

詳細
抄録

 海上工事は波浪の影響を受けやすく,施工機会の確保や施工精度向上の点からも波浪特性を把握することは重要である.特に,ケーソン据付工事は波浪に影響されやすく,リアルタイムに来襲波浪やケーソン動揺量を把握することは,安全かつ精度のよい施工に繋がると考えられる.そこで,本研究ではケーソン据付工事を対象に,事前にケーソンの動揺量を数値解析で求め,ケーソン据付作業時にリアルタイムで波浪観測を行うと同時にケーソンの動揺量の測定を行った.本研究により,数値解析により波浪とケーソン動揺量の関係を把握し,リアルタイム波浪観測を行うことで,ケーソン据付作業時の安全性の確保と据付精度向上につながる可能性が示唆された.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top