土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
ISSN-L : 2185-4688
海洋開発論文集 Vol.34
細粒分の塑性と含有率を変化させた砂質土の液状化強度と地盤N値に関する実物大室内試験
小林 孝彰佐々 真志後藤 翔矢福井 晶浩大塚 悟
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 74 巻 2 号 p. I_838-I_843

詳細
抄録

 同一条件で室内調整した細粒分混じり砂質土を対象に,液状化強度とN値を室内試験によって測定し,結果を直接比較した.また現行の液状化予測・判定手法の高度化を念頭に,様々な塑性を有する細粒分を対象として,その影響を検証した.非排水繰り返し中空ねじりせん断試験により評価した細粒分混じり砂質土の液状化強度は,僅かな細粒分を含んだ場合,砂のみの場合に比べて低くなった.細粒分含有率が増加すると,塑性の高い細粒分に関しては粘着力による強度増加が卓越し,液状化抵抗が上昇する傾向が見られた.また実物大室内標準貫入試験装置によって評価したN値に関しては,塑性に依らず、細粒分含有率の増加に伴ってN値が減少した.今回対象とした試料について現行の予測・判定法の補正を行った場合には,液状化強度を過大に評価する結果となった.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top