土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
ISSN-L : 2185-4688
海洋開発論文集 Vol.35
浮遊ケーソンの動揺に与える減揺タンクの効果とその簡易的な評価手法に関する研究
中村 友昭大沼 史都趙 容桓水谷 法美江口 三希子倉原 義之介武田 将英
著者情報
ジャーナル 認証あり

2019 年 75 巻 2 号 p. I_403-I_408

詳細
抄録

 Flume式減揺タンクをPitchの低減に効果がある方向とRollの低減に効果がある方向に直交して浮遊ケーソンの天端に搭載した状況を取り扱い,規則波下と多方向不規則波下における減揺タンクの動揺低減効果を水理実験により検討した.また,減揺タンクの効果を簡易に評価できる手法を構築し,その適用性と有用性を確認した.その結果,規則波下では,Pitchは固有周波数とその倍周波数付近で増大し,減揺タンクにはその増大したPitchを低減させる効果があること,多方向不規則波下では,PitchだけでなくRollに対しても効果があることを確認し,本研究で対象とした減揺タンクとその配置の有効性を明らかにした.また,本解析手法により,減揺タンクがPitchに与える効果を概ね評価でき,それに基づいて効果的な減揺タンクの水量を見積もれることを確認し,本解析手法の有用性を示した.

著者関連情報
© 2019 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top