土木学会論文集E1(舗装工学)
Online ISSN : 2185-6559
和文論文
舗装構造の最適補修更新モデル
小林 潔司江口 利幸大井 明青木 一也貝戸 清之松村 泰典
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 68 巻 2 号 p. 54-68

詳細
抄録

 舗装の劣化過程は路面の劣化過程と舗装全体の耐荷力の低下過程で構成される複合的劣化過程である.耐荷力の低下は路面の劣化速度に影響を及ぼす.管理者は路面性状調査により路面の健全度を観測できる.一方,耐荷力の低下に関してはFWD調査等により部分的に観測可能である.本研究では,このような特性を有する路面の劣化過程を,耐荷力の状態に依存する混合マルコフ過程として記述する.そのうえで,期待ライフサイクル費用を最小にするような最適調査間隔と補修更新政策を同時に決定することを目的とする最適補修更新モデルを提案する.さらに,具体的にNEXCOが管轄する高速道路を対象とした適用事例を通じて,最適補修更新モデルの有効性を実証的に検証する.

著者関連情報
© 2012 公益社団法人 土木学会
前の記事
feedback
Top