土木学会論文集A1(構造・地震工学)
Online ISSN : 2185-4653
地震工学論文集第31-b巻
2011年東北地方太平洋沖地震で発生した西湖のサイスミック・セイシュ
鈴木 猛康
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 68 巻 4 号 p. I_152-I_160

詳細
抄録

 2011年東北地方太平洋沖地震では,牡鹿半島で水平方向に5.3mの地殻変動が観測されたのをはじめ,地殻変動は東北地方にとどまらず,関東,中部,そして近畿地方まで及んだ.この地震の後,山梨県の西湖では,湖面上のボートがゆっくりと1m程度の振幅で上下に振動し,湖岸では津波のような波が押し寄せ,魚や貝が岸に打ち上げられた.本論文では,西湖の近くで観測された地震動に含まれる1分程度の長周期地震動成分を分析し,その卓越周期と西湖の閉鎖水域の断面形状に基づいて定義されるセイシュの1次固有周期を比較している.さらに,西湖の模型を製作し,模型の閉鎖水域を長周期地震動の卓越方向に加振することにより,模型の矩形の閉鎖水域の長辺方向に大きな水面変動が発生することを確認している.その結果,本論文では,2011年東北地方太平洋沖地震の際に西湖で見られた津波のような現象を,サイスミック・セイシュによって説明するものである.

著者関連情報
© 2012 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top