土木学会論文集A1(構造・地震工学)
Online ISSN : 2185-4653
複合構造論文集第5巻(論文)
長方形断面を有するコンクリート充填鋼管柱の部材性能に関する実験的研究
中田 裕喜網谷 岳夫池田 学岡本 大
著者情報
ジャーナル 認証あり

2018 年 74 巻 5 号 p. II_20-II_31

詳細
抄録

 本研究は,鉄道構造物に用いられる柱脚を想定した長方形断面を有するコンクリート充填鋼管(CFT)柱の損傷性状や部材性能について,実験的に検討したものである.コンクリートが完全に充填された,辺長比(長辺と短辺の比)が2である供試体を対象とし,補剛材の効果についても検証した.実験結果から,損傷過程は正方形または円形断面のCFT柱と同様であったが,長方形CFT柱は載荷方向に応じて鋼管埋め込み部の挙動や局部座屈長等が異なることを確認した.履歴法則については円形CFT柱を対象に提案されているモデルにより精度よく評価できることがわかった.また,補剛材を設置することにより,最大水平荷重や変形性能が増加することを確認するとともに,局部座屈の状況を踏まえ,補剛材の効果を変形性能評価法に考慮する方法について検討した.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top