土木学会論文集F6(安全問題)
Online ISSN : 2185-6621
ISSN-L : 2185-6621
特集号(和文論文)
東日本大震災をふまえた香川県内企業の事業継続計画取り組み状況と今後の課題
磯打 千雅子白木 渡井面 仁志
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 68 巻 2 号 p. I_52-I_57

詳細
抄録

 東日本大震災では多くの企業や市町村が機能不全に陥ったことから,大規模地震や津波を対象とした事業継続計画(Business Continuity Plan:BCP)策定の必要性が指摘されている.近い将来,首都直下地震や南海トラフ巨大地震の発生が危惧されている中,BCPの普及に努め地域の防災力向上を目指す必要がある.本研究では,香川県内企業のBCP普及率の向上を目指して,東日本大震災発生後1年弱経過した時点での県内企業のBCP取り組み状況の調査を実施した.同様な調査を2008年にも実施しており,東日本大震災をふまえた調査結果の変遷と普及率向上のための課題と対策について検討する.香川県は四国の災害対策拠点地域に指定されていることから,企業だけでなく地域全体の継続を考える必要性があり,地域継続計画(District Continuity Plan:DCP)との関わりという観点から企業のBCP策定の在り方についても検討する.

著者関連情報
© 2012 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top