土木学会論文集F6(安全問題)
Online ISSN : 2185-6621
ISSN-L : 2185-6621
特集号(和文論文)
蓄光材料を用いた電源を必要としない避難誘導・指示器具の開発
須藤 敦史松井 豊石本 孝広荒井 洋吉川 進小林 克司
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 69 巻 2 号 p. I_13-I_18

詳細
抄録

 2011年3月11日の東日本大震災の影響で,関東近郊では計画停電により電力供給が一時的に数時間遮断され,現在でもその影響で全国的な電力の供給力不足が懸念されている.一方,最近では地球温暖化に起因する異常気象(大型台風・ゲリラ豪雨・落雷や竜巻など)による停電事故が多発しており,災害時夜間の地域住民に対する避難通路の確保やその指示が急務となっており,加えて建設現場においても急な電力遮断に対する作業員等の安全対策が要求されている.蓄光材料は,太陽光や蛍光灯などの光エネルギー(紫外線)を吸収して,光エネルギーの供給が止まった後でも徐々に光を放出する物質であり,クライトブライトは耐候性や耐熱性に対して極めて安定した吸光・発光を繰返す蓄光材料である.本論文は,土木・建築の工事現場を対象として,災害時など緊急に電力供給が止まった状況においても機能する蓄光材料(クライトブライト)を使用した無電力の安全・避難誘導装置・器具の研究・開発を報告する.

著者関連情報
© 2013 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top