土木学会論文集F6(安全問題)
特集号(和文論文)
延喜式内社に着目した四国沿岸部における神社の配置と津波災害リスクに関する一考察
高田 知紀高見 俊英宇野 宏司辻本 剛三桑子 敏雄
著者情報
ジャーナル 認証あり

72 巻 (2016) 2 号 p. I_123-I_130

詳細
PDFをダウンロード (4084K) 発行機関連絡先
抄録

 本研究の目的は「延喜式神名帳に記載された式内社は,大規模自然災害リスクを回避しうる空間特性を有している」という仮説にもとづいて,特に四国太平洋沿岸部における南海トラフ巨大地震の想定津波浸水域と延喜式内社の配置の関係性を明らかにすることである.
 高知県沿岸部777社,徳島県沿岸部438社について,それらの津波災害リスクについてGISを用いて分析を行ったところ,高知県では555社,徳島県では308社が津波災害を回避しうる結果となった.さらに,式内社について分析したところ,沿岸部に位置する式内社はそれぞれ,高知県内18社,徳島県内30社であり,そのうち津波災害のリスクがあるのは,高知県2社,徳島県2社の合計4社のみであった.この結果から,古来,信仰の中枢であり,また国家から幣帛を受ける官社であった式内社は,数百年に一度で襲来する大規模津波についても,その災害リスクを回避しうる立地特性を有していると言える.

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top