土木学会論文集F6(安全問題)
Online ISSN : 2185-6621
ISSN-L : 2185-6621
特集号(和文論文)
石積擁壁の耐震挙動に関する模型実験及び不連続変形法を用いた挙動解析
池本 敏和宮島 昌克橋本 隆雄中島 進藤原 寅士良池本 宏文
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 73 巻 2 号 p. I_181-I_187

詳細
抄録

 日本には,膨大な数の石積擁壁が存在し,過去の地震において沈下,滑動,はらみ出しなどの被害が生じている.鉄道や宅地などに存在する石積擁壁は,専門職の技能と経験によって伝統的に構築されたものであり,今日も供用されている.しかしながら,その耐震性能については未解明な部分が多いのが現状である.各機関では石積擁壁の安定性を向上させるために種々の対策を講じており,その一例として,地山補強材を用いて補強を行う場合がある.本研究では,地山補強材を用いた場合の模型振動台実験を対象に,不連続変形法による挙動解析を行い,破壊メカニズム,及び補強効果を解析的に再現し,解析手法の有用性を確認した.

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top