日本臨床免疫学会会誌
症例報告
Human papillomavirus(HPV)ワクチンの接種後にSLEを発症した一例
伊藤 晴康野田 健太郎平井 健一郎浮地 太郎古谷 裕和黒坂 大太郎
著者情報
ジャーナル フリー

39 巻 (2016) 2 号 p. 145-149

詳細
PDFをダウンロード (960K) 発行機関連絡先
抄録

  症例は15歳の女性.20XX年8月と9月に2価Human papillomavirus(HPV)ワクチンの接種を行った.2回目の接種後から全身の疼痛,顔面の日光過敏と両側肘部に多発する紫斑を認めた.11月頃より持続する37℃台の発熱と全身倦怠が出現した.20XX+1年1月上旬には39℃以上の発熱と全身の疼痛に加えて関節痛が出現した為,精査目的に入院となった.入院後,Systemic Lupus International Collaborative Clinics(SLICC)2012の分類基準のうち,臨床的項目の頬部紅斑,光線過敏症,関節炎,リンパ球減少と免疫学的項目の抗核抗体陽性,抗ds-DNA抗体陽性,抗Sm抗体陽性を認め,SLEと分類した.その他,筋膜炎の合併を認めた.本症例を含め今までに報告されている症例を検討したところHPVワクチン摂取後にSLEを発症する症例は,自己免疫性疾患の既往歴や家族歴のある患者が多かった. また,SLEの症状は2回目の接種後に出現することが多かった.

著者関連情報
© 2016 日本臨床免疫学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top