インテリジェンス・マネジメント
Online ISSN : 2186-6341
Print ISSN : 2186-6252
論文
オープンソース・インテリジェンスの競争分析への活用の戦略的枠組み
テキスト・マイニングによる日本の製薬業界の2010年問題におけるM&A情報分析を事例として
中島 庸介保井 俊之神武 直彦
著者情報
ジャーナル フリー

3 巻 (2011) 1 号 p. 15-26

詳細
PDFをダウンロード (1337K) 発行機関連絡先
抄録

2008 年のグローバルな金融危機以降, オープンソース・インテリジェンスの重要性が米国のインテリジェンス・コミュニティを中心に認識され, 国家保障に関するインテリジェンスに積極的に活用され出している。本論文は, オープンソース・インテリジェンスをコンペティティブ・インテリジェンスの手法として戦略的に活用する際の好機と制約を明らかにしつつ, テキスト・マイニングをその中核に位置付ける。そして, その具体的な活用事例として, 2010 年問題を抱える日本の製薬業界のこの10 年間のM&A の動向を取り上げ, 手法としての有効性を分析・検証する。

著者関連情報
© 特定非営利活動法人 日本コンペティティブ・インテリジェンス学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top