計算機統計学
Online ISSN : 2189-9789
Print ISSN : 0914-8930
ISSN-L : 0914-8930
ソフトウェア記事
RStudioを利用したサッカー試合のゾーン使用率・ゾーン支配率の可視化
山田 実俊山本 義郎
著者情報
キーワード: Hotzone, Possession, Visualization
ジャーナル フリー

2017 年 30 巻 1 号 p. 59-70

詳細
抄録

 サッカーのようにゲームの中での選手やボールの動きが多いスポーツにおいて, ゲーム全体の流れを大雑把に把握し, チームの特徴を捉えたいことがある. また, 試合を見ていてどちらのチームが試合を支配しているかは感覚的に分かるが, サッカーのプレイデータを解析することでデータに基づいてそれを判断することができる. そこでサッカーのプレイデータから支配率を算出し, 試合の流れを簡潔に把握することができる可視化を目指す.
 この可視化を実現するために, 無料で利用でき, 比較的簡単なコーディングにより実現可能な統計解析環境RとそのIDEであるRStudioを用いる. RStudioでは対話的な処理が実現可能であり, 本研究で開発したシステムでは, インタラクティブな可視化を, RStudioのmaniplate関数による方法とShinyによる方法の2種類の異なる方法で実現する.

著者関連情報
© 2017 日本計算機統計学会
前の記事 次の記事
feedback
Top