日本透析医学会雑誌
Online ISSN : 1883-082X
Print ISSN : 1340-3451
ISSN-L : 1340-3451
症例報告
インターフェロンγ遊離試験T-スポット®.TBが結核症の診断に有用であった透析患者の1例
甲田 亮吉野 篤範今西 優仁川本 進也竹田 徹朗水口 真理笛木 直人相良 博典
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 46 巻 7 号 p. 681-686

詳細
抄録

69歳,女性,抗基底膜抗体型急速進行性糸球体腎炎のため8か月前に血液透析導入.近医で週3回の維持血液透析を受けていた.血液透析導入後も抗基底膜抗体価は高値を持続しプレドニゾロン,シクロホスファミドの内服を継続していた.入院2か月前から微熱あり.咳,痰などの呼吸器症状はなかった.精査のため当院入院,両肺野にびまん性の小結節影あり,肺結核症が疑われた.入院翌日血液透析開始時にT-スポット®.TB提出.初回の喀痰抗酸菌塗抹は陰性.3日後にT-スポット®.TB陽性と報告あり,胃液を採取し抗酸菌塗抹を行ったところ陽性.PCR法で結核菌群と同定された.ツベルクリン反応は陰性であった.個室隔離,個室透析とともに抗結核薬4剤で加療を開始した.入院12日目に結核療養病院へ転院した.T-スポット®.TBは2012年11月13日より本邦で測定可能となったEnzyme-Linked ImmunoSpot(ELISPOT)法を用いた新しいインターフェロンγ遊離試験(Interferon-Gamma Release Assay,IGRA)である.免疫不全の患者,リンパ球数の少ない患者においては既存のIGRAであるクォンティフェロンTBゴールドに比べ高い感度を有する可能性が報告されている.T-スポット®.TBにより早期診断,治療ができた透析患者の肺結核を経験したので報告する.

著者関連情報
© 2013 一般社団法人 日本透析医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top