日本教育工学会研究報告集
Online ISSN : 2436-3286
高等教育の質保証/一般
越境的教育実践コミュニティにおけるパターン・ランゲージ開発の試み
長田 尚子デイヴィス 恵美神崎 秀嗣町田 小織髙尾 郁子田中 浩朗
著者情報
研究報告書・技術報告書 オープンアクセス

2021 年 2021 巻 4 号 p. 33-40

詳細
抄録

高等教育の質保証のためにはカリキュラムや授業デザインの検討に加え,現場の教員による相互支援や情報共有等の継続的な活動が欠かせない.本研究では,多様な教員による教育実践コミュニティの働きや活動を通じた教員の経験を記述するパターン・ランゲージの開発を行っている.本報告では中間報告として,試行的開発の過程と結果を検討した.開発活動を通じてコミュニティへの理解が深まること,越境的な教育実践コミュニティが高等教育の質保証に有効であることが示唆された.

著者関連情報
前の記事 次の記事
feedback
Top