水文・水資源学会研究発表会要旨集
水文・水資源学会2019年度研究発表会
会議情報

【水質水文・農地水文・流域水管理】
水文・水質モデルを用いた加古川流域における降雨時・平水時の窒素動態解析
*森 正憲嶋寺 光松尾 智仁近藤 明古賀 佑太郎鈴木 元治
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. 38-

詳細
抄録

1990年代後半より瀬戸内海東部の播磨灘では貧栄養化が進んでおり,その原因のひとつとして流入河川からの栄養塩供給の減少が考えられている.貧栄養化対策を検討するためには、河川からの栄養塩流入負荷を推定し、それを基に海域の栄養塩濃度を予測する必要がある.本研究においては,播磨灘へ栄養塩を供給する役割を果たす流入河川の中で最大の流域面積を持つ加古川を対象に,水文・水質モデルを構築し,降雨時及び平水時における全窒素の動態解析を行った.全窒素の発生源としては,流域内の点源として下水処理場と事業所,面源として土地利用別の原単位に基づく降雨流出を考慮した.計算結果を観測結果と比較したところ,降雨時、平水時共に全窒素負荷の再現性は良好であった.今後は播磨灘に流入する他河川へ計算領域を拡大する予定である.

著者関連情報
© 2019 水文・水資源学会
前の記事 次の記事
feedback
Top