日本集中治療医学会雑誌
Online ISSN : 1882-966X
Print ISSN : 1340-7988
症例報告
抗菌薬投与中にもかかわらず,創部に遺残した異物からClostridium tetaniが分離された破傷風の1例
平松 有矢野 圭輔湯通堂 和樹今中 大佃屋 剛米澤 大植屋 奈美垣花 泰之
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 23 巻 2 号 p. 167-169

詳細
抄録

症例は60歳,男性。畑仕事中に竹箒で左前腕外側を受傷した。受傷9日後より左上肢の筋緊張,頸部後屈,開口障害が出現し,翌日当院へ紹介となった。破傷風と診断し,抗菌薬や破傷風トキソイドワクチン,および破傷風ヒト免疫グロブリン製剤の投与を行った。受傷部は既に痂皮化し,軽度の発赤,腫脹,熱感がみられるのみであったが,腫脹が続いたため第4病日に切開したところ,径10 mm×3 mmの竹片が摘出された。竹片の嫌気性培養にてClostridium tetaniが分離された。鎮静下に循環,呼吸器管理を行い,第55病日にリハビリテーション目的で転院した。Clostridium tetaniが分離培養されることは稀とされているが,今回抗菌薬投与中にもかかわらず,異物より分離培養されており,摘出できていなければ症状が遷延や再増悪していた可能性がある。破傷風を疑った場合には,創部での異物遺残の可能性を考え,積極的なデブリードマンと洗浄を行うことが望ましいことを再認識させられた。

著者関連情報
© 2016 日本集中治療医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top