農業農村工学会論文集
Online ISSN : 1884-7242
Print ISSN : 1882-2789
ISSN-L : 1882-2789
研究論文
積雪および融雪を勘案した灰色低地土リンゴ園における無機態窒素の浸透流出特性
遠藤 明伊藤 大雄加藤 幸加藤 千尋佐々木 長市
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 85 巻 2 号 p. I_221-I_231

詳細
抄録

青森県津軽地域の灰色低地土リンゴ園を対象に, 積雪と融雪を勘案した上で, 土壌中の無機態窒素濃度の時空間的動態について有限要素法汎用ソルバーを用いることで数値解析的に把握し, 青森県内のリンゴ栽培における秋肥の必要性を検討した.NO3-Nの最大濃度を示す深さの進行速度(Δzt)に着目したところ, 積雪による降水の地表面貯留と融雪を考慮した場合は100~130cm/monthであり, 考慮しない場合の20~26cm/monthと比較して4~5倍程度速いことが推定された.以上のことから, 環境保全の推進ならびに環境負荷低減の視点より, 冬期における土壌水分移動の重要性が数値計算によって定量されたことを受け, 春先における融雪水の浸透を勘案した上で, 土壌間隙水のNO3-Nの挙動や窒素収支に関する議論を行う必要性が示された.

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 農業農村工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top