情報知識学会誌
Online ISSN : 1881-7661
Print ISSN : 0917-1436
ISSN-L : 0917-1436
特集 第11回 情報知識学フォーラム「情報の観察と計測」
― Webの情報知識学 ―
「電子国土Webシステム」を用いた知識の形成・結合・共有
山島 一浩
著者情報
ジャーナル フリー

2006 年 16 巻 4 号 p. 4_11-4_22

詳細
抄録

Webにおける知識の形成・結合・共有の例として, 著者が開発した土地利用図などの主題図を用いた学習の支援システムによる知識の形成・結合・共有について論じる. 学習者は地図を読図して獲得した地理的な知識を本システムによってWeb上で凡例付きのメッシュ地図として表現する. 本システムは, 凡例をもとに作成されるメッシュ地図を知識として個人レベルからクラス単位, 学校間へと結合して拡張することができる. 知識表現にはRDF (Resource Description Framework) やRDF schemaを用いている. 基盤となる地図情報は国土地理院の電子国土Webシステムの配信機能を利用した.

著者関連情報
© 2006 情報知識学会
前の記事 次の記事
feedback
Top