情報知識学会誌
Online ISSN : 1881-7661
Print ISSN : 0917-1436
17回(2010年度)研究報告会論文集
音楽評論論文にみる作曲家の感性的特徴
―計量分析を用いた感性語の抽出―
河瀬 彰宏村井 源徃住 彰文
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 20 巻 2 号 p. 129-134

詳細
抄録

本研究では,音楽評論家によって語られる作曲家の概念的特徴とそれらの関係を明らかにするために,作曲家に対する感性的表現を計量的に分析した.データは音楽評論雑誌『ポリフォーン‐音楽評論の開かれた場』のテキスト全13冊を対象とし,最も多く語られる7名の作曲家(出現回数が多い順に,モーツァルト,ベートーヴェン,ワーグナー,マーラー,J.S.バッハ,ドビュッシー,シェーンベルク)を形容する感性的表現,語彙レベルで用いられる頻出感性語とその用法の特徴を解析することで,作曲家概念の感性的要素を精緻に特徴づけた.

著者関連情報
© 2010 情報知識学会
前の記事 次の記事
feedback
Top