情報知識学会誌
Online ISSN : 1881-7661
Print ISSN : 0917-1436
ISSN-L : 0917-1436
17回(2010年度)研究報告会論文集
業績評価に向けた正規化インパクト・ファクター,"IDV : Impact Deviation Value"(インパクト・ファクター偏差値)の提案
根岸 正光
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 20 巻 2 号 p. 141-148

詳細
抄録

インパクト・ファクター(IF)は,発行元トムソン・ロイターの注意喚起にもかかわらず,研究機関でこれを年次的業績評価に使う例が多い.一方,個別論文の実引用数の測定は,引用蓄積の年数を要し,年次的評価には適用できない.この種指標で早期に利用可能なのはIFのみであり,これは評価の近似値としては有効と考える.本稿では,分野分類ごとのIFの平均値,標準偏差を計算し,これを各雑誌のIFを偏差値に変換することにより,分野を超えて比較可能は正規化指標, IDV: ImpactDeviation Valueを提案する.この方式による実際の計算結果を示し,従来のIFとの差異を分析してIDVの効果を検証する.また特にこれによる日本誌の現況についても検討する.

著者関連情報
© 2010 情報知識学会
前の記事 次の記事
feedback
Top