情報知識学会誌
Online ISSN : 1881-7661
Print ISSN : 0917-1436
論文
計量分析による村上春樹長篇の関係性と歴史的変遷
工藤 彰村井 源徃住 彰文
著者情報
ジャーナル フリー

2011 年 21 巻 1 号 p. 18-36

詳細
抄録

本論文の目的は,作家の作風変化を科学的に検証することである.対象としたデータは,現代の日本を代表する作家,村上春樹の長篇12作品とした.12長篇の中で近似的作風を持つ作品群を明示化するため,テクストから得られた語彙を計量化して品詞と意味カテゴリの両分類から特徴ベクトルを抽出し,それぞれの特徴ベクトルからクラスタ分析を行った.その結果,品詞分類からは通時的な区分によってのクラスタが形成され,村上の文体が時代とともに変化しているのが確認できた.また,意味分類からは主題や内容に影響されたクラスタが形成され,村上の関心が個人から社会に向かっていくのが実証できた.

著者関連情報
© 2011 情報知識学会
前の記事 次の記事
feedback
Top