J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

情報知識学会誌
Vol. 21 (2011) No. 2 P 291-296

記事言語:

http://doi.org/10.2964/jsik.20_25

第19 回(2011年度)研究報告会論文集
  • 抄録

学校図書館などにおいて読書指導を行う場合には,子どもたちが興味を持つ図書を提示することが有効である場合が多い。そのために,著者らもオンライン書評中の語を元として児童書・ヤングアダルト図書に感性パラメータを設定し,感性を元にして図書の検索を行うシステムを開発してきた。しかし,子どもたちにとって,感性パラメータを設定することが困難であることも多く,感性キーワードを直接入力するのではなく既に読んだ図書を入力して類似する小説を提示することが望まれている。そこで,本研究では,指定した図書と感性パラメータの分布が類似する図書を提示するシステムを試作し,その評価を行った。児童書・ヤングアダルト図書1425冊を対象として,10名の被験者に入力した図書と関連する図書30冊を提示したところ,約53%の図書について強い興味があるという結果が得られた。

Copyright © 2011 情報知識学会

記事ツール

この記事を共有